トップページ>最新情報





[ 次へ ]

令和 元年 7月 19日

優秀施工者表彰

7月18日
名古屋市緑政土木局 優秀工事施工者表彰をいただきました。
現場は、2018年度施工の
・県道田籾名古屋線舗装道補修工事(中-1)及び
 バリアフリー整備工事(中-2)
でした。
詳しくは下の小さい写真を見てください。
社長が緑政土木局長より表彰状を授与されている写真と記事です。




 
令和 元年 6月 1日

令和元年6月1日
安全大会

6月1日
令和初の安全大会を開催しました。
例年通り、午前中健康診断を行い、午後から
今池ガスビルにて安全大会を行いました。

主催者挨拶→協力会会長挨拶で始まり
工事部発表(不適合報告)井上君の発表です。
上手くまとめられた発表でした。
しかし、例年同じような不適合が繰り返されています。
何とかならないだろうか?

次は、安全講話です。
毎年昭和警察の交通課の方に講話をお願いしています。
今年は、移動があり昨年と違う方の講演でした。
3年ほど同じ方の講演でしたので、今年は少し切口が
変って、生々しい事故の映像があったり、興味深い内容でした。

後半戦の特別講話はフリーアナウンサー牧野光子
さんの講演でした。
“安全につながる話し方・伝え方”と言うテーマで
お話をいただきました。
さすがアナウンサーです。話に引き込まれてしまいました。

最後に、優良協力会社・優良社員表彰。
安全宣言・シュプレヒコールで今年の安全大会は
幕を閉じました。


 
平成 30年 6月 4日

平成30年度安全大会

平成30年6月2日(土) 今池ガスビル にて
安全大会を開催しました。

開会の辞→主催者挨拶→協力会会長挨拶 とつづき

工事部発表・・・工事事故、不適合報告を行いました。
昨年も幸い労働災害はありませんでしたが、小さな
不適合、特に顧客苦情がなかなか減りません。
少なくとも同種の不適合はなくしたいものです。

つづいて、交通安全講話です。
昭和警察署 交通課 警部補様からの安全講話です。
最近の事故事例と特に自転車の事故が多発している
事と、新しく変った規則等について学びました。

特別講話は、名北労働基準協会の本部長様から
"あなたにも 労働災害発生時の責任"について
講話をいただきました。
弊社は、最近労働災害が発生していません。
大変喜ばしくもあり、誇れるところではありますが、
逆に、このところ労働災害に対しての危機感が
薄れているような気がします。
今一度気を引き締める意味でも、このような御題で
お話をいただきました。

その後、優良協力業者・優良職員表彰→30年度工事部
目標発表→安全宣言・シュプレヒコール→総評及び
閉会辞と進み、滞りなく終了することが出来ました。

最後に、平成30年度工事部目標を記しておきます。

*第三者災害の発生 ゼロ!!

 ・車 →→→ 一目でわかる表示
 ・人 →→→ 安全に通行できる仮道
 ・物 →→→ 養生の徹底

 
平成 30年 1月 9日

社会貢献活動

平成30年1月6日(土)
社会貢献活動(地域ゴミ拾い)を行いました。

今回のルートは
壇慶通4交差点〜桜山交差点 でした。

最近は、どのルートもゴミが少なくて作業時間も
あまりかかっていなかったのですが、今回はとても
ゴミが多く、いつもより30分は多くかかりました。

ゴミの種類は、空き缶・ペットボトル類が非常に多く
又、当然タバコの吸殻も多くありました。

話は変って、最近は最新情報の更新をさぼっていて
前回の更新は8月でした。
今年からは、少しガンバって月に一回は更新しようと
思っています。
以上


 
平成 29年 8月 2日

子供参観日

7月22日(土) 子供参観日

今年も恒例の子供参観の日がやってきました。
今年で7回目です。
参加者は、大人16名  子供17名 です。
1回目から参加の子供が中学生になったり、
反抗期?をむかえて参加拒否?だったり、いろいろです。

今回は、名古屋市上下水道局 水の歴史資料館に行ってきました。
資料館見学と工作(実験)とで、時間がかかるので現場見学
及び重機等の試乗体験はなしとなりました。

資料館見学は、上下水道局の職員さんの丁寧な説明で
たいへん勉強になりましたが、いかんせんチビッ子
たちには集中力がもちません。
そのうちに "ワイワイ・ガヤガヤ" ・・・
職員さんには迷惑をかけたと思います。

名古屋市内の小中学校には、災害時に使用する地下式
給水栓という設備があり、その設備の体験操作も
させていただきました。
マンホールのふたを開ける作業から始まり、実際に
水を出して見て、水道水が安全に使用できるか水質検査
までを行いました。
中学生の子に専用の道具を使用しふたを空けてもらいま
したが、ふたが思ったよりも重くビックリしていました。

最後に、工作(実験)を行いました。
2リットルのペットボトルに水を満水にし、その中に
弁当とかに入っている醤油さしのふたを取ってふたの
ネジの部分にナットを付けて(用は重しです)ペット
ボトルの中に浮かべてふたをする。
ボトルの腹を押えると水圧がかかって醤油さしの中に
水が入りだんだん沈んでいくとゆう奥の深いおもちゃ
の作成でした。
完璧な解説だと思うけど・・・わからんかなー
さすがに工作の時間はみんな真剣そのものでした。
この時間が一番静かだったかも。

その後、会社に戻り、各自記念品等をもらい解散となりました。
今年着てくれた中学生の子来年も着てくれるかなー?
たしか中3だったかなー 来年はこないだろーなー・・・
おわり
 

 



[ 次へ ]