トップページ>最新情報



[ 戻る ][ TOPへ ][ 次へ ]

平成 29年 6月 30日

平成29年度 慰安旅行その2

6月17日(土)
昨夜の騒ぎが夢のように思える静かな朝が始まりました。
朝食は、昨夜の宴会場と同じ所でいただきます。
当然ご飯は食べ放題です。
当然名倉君の前にはおひつと仲居さんが準備しています。
わんこそばのごとく食べだす名倉君、 さ す が  です。
バスは9時に天祥を出発しました。・・・出発後10分
いきなり社長のわがまま大爆発・・・かまぼこやに行きたい
・・・行きたい人手を上げて・・・あげなきゃしょうがない
・・・全会一致で決定・・・はぁ
ガイドさんのいやみの一言・・・日本海さかな町にもあるけどね・・・

本日の一番目の見学地 日本自動車博物館に到着です。
ここは往年の名車がずらりと展示してあります。
ちなみに私の今乗っている車もありました。 "ロータス7" です。
古い車ばかりですが、年長の人は、わーこれ昔乗ってたよー
とか言うこえも聞こえていました。
次の目的地は、ゆのくにの森です。
ここは、自然の中でいろいろな体験が出来る所です。
社長たちは、ろくろを回して何やら造っていたようです。
そのほかにも、ガラス細工体験・和紙造り体験等
いろいろありました。
ゆのくにの森の中をバス移動で、昼食会場へ行きます。
昼食は、ちらし寿司でした。私はあまり好きではないので感想無しです。
ゆのくにの森を出ていよいよ かまぼこ工場です。
敦賀までと少し時間があるので、皆爆睡です。
かまぼこ工場バカにしていましたがお土産を買ってしまいました。
チーかま うまかったです。
次は、日本海さかな街に到着です。
私は魚がきらいなのでほとんど見ていませんが、みんな
たくさんのお土産を買って満足そうでした。
さあ あとは帰るだけです。
運転手さんに命をあずけて、シートベルトをしっかり締めて、
爆睡です。
今回は、海の幸が多くて、私にはあわなかったですが、
皆満足そうな顔で帰ってきました。
さあ 来年は誰がどんなパフォーマンスをするか?
誰がスーターの座を獲得するか楽しみです。
また来年も慰安旅行に行ける様に、お仕事ガンバリましょう。


下の写真は、自動車博物館の トヨタ2000GTです。
さすが一番オーラを放っていました。
他にいい集合写真とかがありませんでした。

 
 




 
平成 29年 6月 29日

平成29年度 慰安旅行その1

今年も慰安旅行に行くことができました。
目的地は、北陸山代温泉です。
行程は以下のとおりです。

6月16日(金)
会社→キリンビール滋賀工場→彦根城→山代温泉
ゆのくに天祥(泊)

17日(土)
天祥→日本自動車博物館→ゆのくにの森→
日本海さかな街→会社

16日朝9時会社出発・・・出発後10分いきなり社長の
わがまま爆発!・・・彦根城行きたくない!!・・・
黒壁スクエアに行く・・・行きたい人手を上げて・・・
あげなきゃしょうがない・・・全会一致で決定。
あとでガイドに聞くと彦根城は山の上で歩くの大変
だそうです。そうだったのかーって、歩きたくなかった
だけじゃねーの?  そうこうしている間に、ビール
工場に到着しました。ここはビールがただで飲める
から来たようなものです。ホップがどうのとかこだわり
がどうのとか言いません。ビール3杯飲んで終わりです。
昼食は、彦根城の城下町で すき焼き定食でした。
彦根城は車窓からながめて、本日の̏メイン̋ 黒壁へ
テキトーに散策して終りました。
その後、本日の宿 ゆのくに天祥に到着です。
さすが北陸山代温泉、お湯はなかなか良かったです。
もう一度、本日のメイン 夜の宴会に突入します。
酔いがまわって来るとみんなのパフォーマンスが
始まります。
柴田君の歌とダンスもさることながら、田谷君の
メタルあややはサイコーです(しらふではとても
見られません)。パフォーマーもそろそろ世代交代
かな?と思います。
大騒ぎのうちに一日目は過ぎていきました。 つづく。

写真はビール工場です。


 
平成 29年 6月 6日

平成29年度安全大会

6月3日(土)
平成29年度安全大会を行いました。
社長 挨拶
協力会会長 挨拶
その後、継田サブリーダーによる、工事事故・不適合
報告発表を行いました。
28年度においては、工事事故はありませんでしたが、
不適合については、バックホウの排気で垣根が枯れる
等の同じような不適合が発生しています。
29年度はなんとかしてこのような同種の不適合を
なくしたいと思っています。
その後、昭和警察 安藤さんによる交通安全講話。
休憩を挟んで、特別講話 ポテンシャルトレーナー
川谷潤太さんによる「見えてるつもり」に潜む危険
について講話をいただきました。
この 川谷さんは、ゲスの極みの川谷さんの親戚
だそうです。
大変ためになる良い講演でしたが、今となっては
ゲス極のくだりしか覚えていません。
その後、優良協力会社・社員の表彰、シュプレヒコール
で幕を閉じました。
最近では、工事評価点が舗装、上下水含め名古屋で
トップクラスとなり、表彰者の選定もたいへんで
うれしく思っています。
それでは、今年度も無事故でガンバりましょう。



 


 
平成 28年 8月 17日

平成28年度 子供参観日

平成28年7月30日(土)

子供参観日を行いました。

9:00 会社集合
    自己紹介・ヘルメット・安全チョッキ配布 等
9:20 機械操作体験
    高所作業車
10:30 広川ポンプ建設場 現場見学
11:40 本日の感想発表
12:00 閉会

以上の行程で行いました。

機械操作体験では、高所作業車に乗ってもらい

空中散歩を楽しんでもらうと同時に、高所作業車で

働く人は、こんなにも揺れて不安定な所で毎日仕事を

してるんだと実感してもらいました。

広川ポンプ場現場ではまず、建設現場の説明を聞き

それから、現場に移動し現在行っている工事を見ま

した。

ここでは、名駅地区の浸水対策で降った雨を一旦地下に

溜めて、ポンプにより中川運河に排水する施設を造って

います。

大きさは、縦約30m・横約52m・深さ約65mのとてつも

なく大きい掘削を行います。

工法は、ニューマチックケーソン工法と言う工法で

作業を行います。(興味のある人は、ニュー・・・で

検索してみてください)

現在現場では、地盤改良を行っていました。

SAVEコンポーザー工法と言うらしいです。(これも

興味のある人は検索してみてください)

最後に、みんなの感想は・・・

高所作業車は怖くて足がすくんでしまう子や逆に

大喜びの子といろいろでした。

広川ポンプ場は、大掘削で名古屋城が石垣からすべて

すっぽり入ってしまうんだと聞き、みんなビックリで

した。

今年の子供参観日はこれで終わりですが、広川ポンプ場

は今後5年間つづけて見学に行き、出来上がっていく

様子を見て行きたいと思います。
 
平成 27年 7月 13日

平成27年度 安全大会 その3

安全大会その2のつづきです。

前回は急に用事が入ってしまいへんな終り方をしてしま

いました。

特別講演は、三遊亭楽春さんによる(笑いに学ぶ健康

&コミュニケーション)講演でした。

落語家さんという事で高座を作ってほしいというリクエ

ストがあり、テーブルを2つ並べてちょっと不安でした

ので、テーブルの上にコンパネを敷いてそのままでは

格好が悪いので、白いシーツを2枚縫い合わせ高座

カバーを作りました。

苦労の甲斐あってまあまあのクオリティの物が出来た

かなと思います。

楽春さんの話は、笑いの中にも自分の伝えたいことを

いかに正確に伝えられるかをしっかり学ばせていただい

たように思います。

私は、話の内容よりも、楽春さんの動きが激しいので

高座が壊れないかが心配で冷や汗たらたらでした。

そんなわけで今年も充実した良い安全大会が開催

出来たと思います。

今年も一年間 ご安全に!! ・・・ おわり。



 

[ 戻る ][ TOPへ ][ 次へ ]